こんにちは。

 

せーのです!!

 

今日は、本の紹介をしたいと思います。

 

なぜ、急に本の紹介をするかというと、僕自身のテニスに対しての考え方や指導法の根本を変えた本だからです。

 

この本に出会ってから今まで正直ほとんどスランプになっていません。

 

常に上達し続けています。

 

毎日テニスをしているのだから当然だという人もいるかもしれませんが、この本を読んでから明らかに感覚に違いがあります。

 

同じテニスコーチにもほんとにおすすめの本です。

 

それが、これです。

 

 

 

正直、最初見た時は「インナーテニス」?なんかうさんくさそう。。

 

って思いましたが、読めば読むほど納得させられました。

 

科学的根拠に基づいているし、事例も多く載っています。

 

ぜひ、読んでみてほしい1冊です。

 

それでは、今日も長文読んでいただきありがとうございました。

 

せーの!でした!!

 

 

About these ads

せーの! について

みなさん、こんにちは!! 中国上海でテニスコーチをしている清野眞也といいます。 いっせーの!!の清野コーチで覚えてくださいw ① 生い立ち~現在まで 1984年生まれ。ロサンゼルスオリンピックの年。 新潟県東蒲原郡津川町(現:阿賀町)に生まれる。360度山に囲まれた盆地で、新潟県の中でも福島との県境にあり、阿賀野川が通るとてものどかな場所です。地元の日本酒「麒麟山」はおすすめです。 子どものころから、外で遊ぶのが好きでやんちゃばっかりしてました。 小学生のころは、ミニバスで県大会ベスト8、サッカー団でキャプテンをやり、中学校もただ1人1年生の時からレギュラーで3年の時も部長をやるなどスポーツに関しては、まあまあできる方でした。そして、高校生の時に体育の先生になりたいという理由で、体育科に進学。担任の先生の、「まだ部活決まってないならテニスはどうだ?」の一言でテニスを始めることになりました。 はじめてテニスをやったときのことは、今でも忘れません。今までどんなスポーツもなんとなくはできていたのが、ボールがあっちこっちに飛ぶは空振りするわで、「こんなに難しいスポーツはない!!」と思いました。その悔しさからハマってしまいました。 高校生のときは、なんとかがんばって新潟県でダブルス3位になることができ、北信越大会に出場することができました。 高校3年の時には、指定校推薦をもらい日体大へ入学がほぼ決まっていましたので、試験勉強はほとんどせず、夏と春の2回ほど2週間の日程でアメリカ・カリフォルニアのワイルテニスアカデミーに短期のテニス留学をしました。ここで、テニス雑誌のスマッシュに連載をしている尾崎健コーチと出会います。 尾崎コーチは、アカデミーのジュニアたちも恐れるほどのコーチで、怒るときはラケットを投げつけることもあります。(僕もラケット投げつけられたことありますw) 高校卒業後、日体大では部活に入らず、あざみ野ローンテニスクラブでアルバイトコーチをしながらテニスの練習をしていました。 あざみ野ローンテニスクラブでは、プロの選手もおり、スペイン人コーチから本場のスパニッシュテニスを教わりました。 そんな生活の中、他大学と一緒のテニスサークルに参加するも、負けっぱなし。あざみ野のコーチ陣と練習しても負けっぱなし。。。こんなの嫌だ!テニスがうまくなりたい!と思い、今度は長期でのテニス留学をすることにしました。 そこから高校の時に行ったワイルテニスアカデミーに長期でのテニス留学です。 アカデミーでの生活は毎日がテニス漬けの日々でした。朝から2時間、午後3時間、1時間のトレーニングの生活です。週末は、ほとんどトーナメントに出場しました。トーナメントがなければ自主練です。世界中から集まってくるトップジュニアたちの中にテニスを始めてまだ5年目の19歳の自分では全く歯が立たず負けることの続く日々。アカデミーのグループも2番目のグループで、一緒にやるのは5歳も下の小さな中学生達とでした。毎週末往復2時間以上かけて出場するトーナメントでも全く勝てず、ほんとに挫折の毎日でした。 1年目は、そんな日々のまま終わってしまいました。 自己嫌悪に陥り、嫌になりました。テニスもしたくないけど、やらないと強くなれないし、葛藤の毎日でした。 しかし、このままでは日本に帰れない。なにも上達していないし、なんの成果も出ていない。 こんなのは絶対に嫌だ。。 本当にそう思い、絶対に強くなってやる!!と決意しました。 それからは、練習量もさらに増やし、尾崎コーチからのプライベートレッスンも受け始めました。尾崎コーチから7時に~プライベートレッスンをやると言われた時も、6時半にコートに行き、先にウォーミングアップをする。普段のアカデミーの練習以外に、+2時間は週に3日くらいやっていました。そして、やっと少しずつ勝てるようになり、なんとかトーナメントでも優勝することができ、サウザンカリフォルニアランキング200位くらいまで上がりました。 このアメリカ留学では、結局、環境を変えることも大切ですが、それだけではなんにも変らない。自分がどれだけもがいて努力するか、それが本当に大切である。ということを学びました。 日本に帰ってきて大学に復学。テニスが毎日できる環境から、なかなかできない環境になり、テニスもコーチとしてやる程度になり、ほとんどやらなくなってしまいました。 テニスよりも留学中に尾崎コーチといろいろな会話をしていく中で、ビジネスに興味を持つようになっていたので、社会経験を積もうと思い、大学に通いながら、人材育成会社、就活生対象の新SNSサービス事業立ち上げのインターンなどを経験しました。このころは、毎日スーツで活動し、さまざまなベンチャー企業の社長さん方とも知り合いました。この時に、現在の社長とも知り合います。また、インターン紹介会社を通して知り合った東大・早稲田などの学生といっしょに学生団体での活動もやってみたりしました。3年の時には、日体大卒業生の経営コンサルタントの方をお招きし、日体大でセミナーを開くなど、ちょっと変わった日体大生だったと思います。 そんなテニスから離れた後半の学生生活でしたが、4年の教育実習で母校の生徒たちとテニスをしているとやっぱりテニスが好きなんだなと改めて思いました。 そんなことがあり、教育実習終了後、大学に戻ってもインターン(このころには内定ももらっていました)での仕事に身が入らなくなってしまっていました。またなかなかアメリカ留学の時のようにその時の仕事に必死になれていなかったのもあり、辞めてしまいました。4年の11月でした。 ただ、なにか仕事をやらないといけないと思い、教育実習の経験からテニスの指導なら絶対に情熱を持ってできると考えて、テニスのコーチをすることにしました。 そこで、現在の社長に連絡をし、日本ではなく上海でテニスコーチをすることにしました。 今では毎日情熱を持ちながらテニスを教えることが生きがいになっています。本当にテニスのコーチをしてよかったと思っています。2会場を行き来しながら、毎月100人近くの人のレッスンをさせてもらいますが、生徒さんが喜んでくれる顔を見る瞬間がうれしくて仕方ありません!上達する瞬間を見るのが楽しくて仕方ありません! なので、ついつい熱くなってしまい修三っぽいとよく言われますが、熱くなるのも真剣な証拠として許してください!!w これからも熱く情熱を持ち、テニスコーチとしてがんばってたくさんの人にテニスの楽しさや、面白さを伝えていきたいと思っていますので、よろしくお願いします! ② 将来の展望 成果を出せるNO.1のテニスコーチなる。 テニスの4大大会を全て見に行く。 テニスの経験を通し、努力することの大切さを伝えられるコーチになる。 これまでの経験をフルに生かして、テニスだけでなく、いろんなスポーツをやって、観戦して、仲間を作れるスポーツクラブを作る。 そして、スポーツの輪を広げ、人が病気なく、健康に生涯を過ごしてもらえる場所をたくさん作る。 知ってる方、知らない方、テニス関係の方々、みなさま宜しくお願い致します。

1件のフィードバック »

  1. miki より:

    清野さんが日本でコーチをしていれば娘を通わせたのに・・
    今年の夏休み娘(小6)がワイルの尾崎コーチに1ヶ月お世話になりました。
    帰国後すぐはとても良かったのに暫くすると・・・
    先々週 尾崎コーチが来日時プライベートレッスンして頂きましたが
    仕方ないよとの事。今日撮影したビデオで半年間は我慢してと言われました。
    来春の3月を楽しみに練習を頑張ってます。
    清野さんのブログはとても勉強になるので今回のお勧め本も購入しようと思います。

    • せーの! より:

      mikiさん、コメントありがとうございます。
      日本に帰る予定はありませんが、もし機会があれば娘さんとテニスさせてください!w
      確かに、尾崎コーチの言われる通りですね。環境が全てを決定すると言っても過言ではないくらいなので。いかに親御さんがモチベーションを維持してあげるかがポイントですね。
      また、勉強になると言っていただきうれしいです。ぜひ購入したら難しいかもしれませんが、読ませてあげてください。好きなテニスの本だったら読めるかもしれませんし、きっともっとテニスが好きになる本だと思います。

  2. miki より:

    清野さんありがとうござます。機会がありましたら是非テニスご一緒お願いします♪
    本も今日には届くので楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中